井上苑の声嫌い?声量低くて声出てない?下手すぎて嫌い?

井上苑子さんは日本のシンガーソングライターで女優としても活躍しています。

お母さんがバンドマンでボイストレーナーだったこともあり、井上さんは小さいころから歌うことが大好きだったそうです。

2009年5月からギター片手に作詞活動を始め、一か月後にはオリジナル曲「こころ」を完成させ、翌年には小学生ながら観客100以上の「卒業式ワンマンライブ」や阪神淡路大震災を題材にしたオリジナル曲などを披露しました。

それから紆余曲折あって、現在は女子中高生を中心に爆発的な人気がある、そんなところです。

それと、井上苑子さんはAKB48のまゆゆにそっくりです。


そして、皆さんにここで重大な発表があります。(えっ何っ?)

井上苑子さんの顔を拝見していると、犬が好きそうな顔してるなって思っていたら、案の定、犬を飼っていました。(よかったね)


小さいころから音楽活動し、大人気の井上苑子さんですが、ちまたでは声が嫌いだの、声量が足りなく声が出ていない、嫌い、歌下手すぎるという声があるそうなので、今回はそのことについて調べていきたいと思います。


スポンサーリンク

井上苑子さん あなたはYouTuberなのかい?

私は井上さんの動画の再生数が異様に多いので、YouTuber何じゃないか?と疑い始めました。

しかし、井上さんの動画を見ていても、1000円自販機に挑戦していたり、ゲームセンターのクレーンゲームで1万円でどれくらい景品が取れるか、という類の動画はありませんでした。



井上さんは実力でたくさんの動画再生数を叩き出すシンガーソングライターだったみたいですね。

だいすき。 1525万回再生
大切な君へ 1123万回再生

最近の2017年10月に公開された「せかいでいちばん」は263万回再生で、もっと伸びそうです。

そんじょそこらのアイドルより再生回数が多いです。すごいぞい!

そして、インディーズの時の曲名は「運命線ビリーバー」「センチメンタルシックスティーン」「ソライロブルー」と、よくわからないタイトルなのにメジャーデビューの曲は「だいすき。」「せかいでいちばん」「なみだ」とずいぶんとシンプルになっていますね。(で?)

いや、CDが売れるようなタイトルを意識したのかなって。(失礼だろ)

突然ですが、皆さんは音楽を好きになる時に注目しているのはメロデイーですか、歌詞ですか。

私は、断然メロデイーはです。(だからどうしたの?)

歌詞なんてクソくらえです。(そんなこと言うなよ)

しかし、井上さんは楽曲を自分で作詞しておられるので、今回はあえて歌詞について注目してみたいと思います。

そうすることで、井上苑子さんの人気の秘密と性格を知りつつ、同時に記事の文字数をだいぶ埋めることが出来ると考えました。(お前の都合かよ)


大好き。 サビ 「何も手につかない 頭から消えない 会いたくって 会えなくって ドキドキが止まらない」

………。

フフフ、井上さん、あなたは妄想することが好きなようですね。僕も大好きです。(妄想のレベルが違うわ)

そして、歌詞からふつーの女の子の、好きな男性に対する恋愛観がよく現れていると思います。

等身大の女性の恋心を描くことで、たくさんの同年代の女子の「恋の共感」を歌声に乗せて伝えているんですね。

井上さんの人気の秘密はずばり、女子中高生が好みそうな、少女漫画のような胸キュン歌詞と、顔がまゆゆに似ているからだったのです。

………。

思いっきりすべった形となってしまいました。(自覚あり)


井上苑子さんの声について

個人的には最初に井上苑子さんの歌声を聴いた時、表現力がすごいなと思いました。

歌声も洗練されていて、心に訴えてくるものを感じました。

ギターを持って意気揚々と歌っている姿はまるで「嘉門達夫」、じゃなくて「miwa」さんを連想させてくれます。実に鼻から牛乳でした。



しかし、世間ではそうはいかないみたいで。

井上さんの歌声に異議ありを唱えている方々がいるようです。

まずは大事な声量について調べることにしてみよう。

調べてるときに気づきましたけど、井上苑子さんの声量については、井上さんのお母さんはボイストレーナーだし、本人も路上でストリートライブなどを経験しているし、問題ないでしょう。やだなあ、ネットで調べる時間損したよ~。

歌声について下手と言っている人が結構いましたが、ほぼアンチですね。どこが下手なのか具体的な内容を述べている人がいない感じでした。

井上さんの高い声が苦手=下手って考えているひとがいるかもしれませんが、それは違うよね、そだね~。

声が嫌いという理由は、声の出し方が嫌い、甲高い声が受け付けない、頭が痛くなってくる、吐き気がしてくるという意見がありました。

一度、病院に行ってみましょう。


でも、甲高い声や、感情を歌に乗せるのがうますぎて、それが苦手な人がいるのはわかる気がします。



まとめ

井上苑子さんの事は、まったく存じ上げませんでいたが、キャッチーなメロディーとまっすぐで共感できる歌詞で女子中高生に大人気、そしてこれからもっと注目を集めそうですね。

井上さんはファンの事も大切にし、あだ名で呼んだり友達感覚で接し、ライブではあえてフランクに話しかける、そんな人柄も人気のようです。

人気者にはアンチがつきもの、YouTubeの再生数も相当なことからアンチに目を付けられ、ネットでは声が嫌い、声量出てない、下手すぎなんて根も葉もない噂を流されているようです。

声や歌い方が苦手な人がいるのはしょうがないですが、小さいころからたくさんの人の心を動かしてきたので実力は間違いなく本物です。

もっと素直になりましょう。そうすれば、井上さんの作曲、作詞の嘘偽りのないまっすぐな音楽を楽しむことができますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする