伊野尾慧くんといえば、猫!噂のあの雑誌!そしてあの歌をご紹介。

皆さん、伊野尾慧くんといえば何を思い浮かべますか?
まず、猫ではありませんか?
伊野尾慧くんは、実家で犬を飼育しておられますが、今ではすっかり猫に夢中のようですよ。
最近では、志村どうぶつ園でも、猫の新企画を担当するなど、建築と同じぐらい猫に関わる仕事も確実に増えていっているのではないでしょうか?
今回は、伊野尾慧くんと猫に関わることをご紹介していきましょう!


スポンサーリンク

HANAKOの表紙が話題に!


伊野尾慧くんの人気に火がついた一つが、このHANAKOと言われる雑誌です。


2015年10月22日発売された雑誌ですが、今でもオークションでは高値で取引されるほどの人気ぶりなのです!
では、いったいなぜここまで人気が高いのでしょうか?


それは、伊野尾慧くんが可愛い猫
を抱っこして花冠を載せた表紙が、たいへん可愛くTwitterで話題になったからだと言われています。
10代にしか見えない童顔が可愛く、多くのファンがこの雑誌の伊野尾慧くんを見て虜になったといわれています。


また、伊野尾慧くんが抱っこしていた猫も大変可愛いので、併せて注目してくださいね。
この猫の種類は、マンチカンと言われる猫種で、特徴はなんといっても足が短いことです。
犬で例えると、ダックスフントやコーギーといった感じですね!
この猫ちゃんの名前は、アオちゃん?というそうですよ。


ペットショップラブモーション!



伊野尾慧くんと猫に関する話題は、まだありますよ!


昨年発売されたHey!Say!JUMPのアルバム「JUMPing CAR 初回限定2」に収録されている曲でも、伊野尾慧くんが猫になる特徴的な歌が収録されています。


伊野尾慧くんが猫!?と思うかもしれませんが、本当に歌詞の中で「にゃん!にゃん!」という部分があります。


これが、なんともいえない可愛さなのです!


もう少し詳しくご説明しますと、これはペットショップで新しい飼い主さんのお迎えを待つ、可愛いペットという設定で作られた、破壊力抜群の曲なのです。
歌っているのは、伊野尾慧くんだけではありませんよ。
4人のメンバーで歌われています。


伊野尾慧くんは猫の役ですが、知念くんはネズミの役、中島くんはウサギ、髙木くんは犬の役で、それぞれ歌っています。
まだ、聞いたことない方はぜひ1度聞いてみて下さいね!


ちなみにこの曲のレコーディング前に、伊野尾慧くんは「前世は猫だった」といわれていたといきなり言い出すほど。
とても猫役が似合っていますので、是非この設定のまま新しい曲も歌って欲しいなと思います。


まとめ

伊野尾慧くんの人気に火がついたのは、HANAKOと言われる雑誌だともいわれています。
この表紙の伊野尾慧くんがとても可愛く、今でもオークションでは高値で取引されているようです。


また4人のユニットで歌った、ペットショップラブモーションの曲の中では、実際に伊野尾慧くんが猫の役になり「にゃん!にゃん!」と言いながら歌うので、こちらも人気が高いということがわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする